2016年 平成28年  スキー

リンク⇒ スキーTP 吉備の社  いなか暮らしHP
12月16〜20日

北海道 ルスツ
昨年は地球温暖化 異常気象などが騒がれる中 冬となりスキーシーズンに入る。 格安 早期 北海道ツアーが雪不足の中 現実と成って当日を迎えた。雪の無い北海道へ12月中旬に入りました。 到着日から連日夜間降雪があり、新雪のゲレンデ 樹氷の雪景色の中 3山37コース総滑走距離42km パウダースノーを滑る事が出来ました。 宿泊ホテルは広大で 温泉、プール、.レストラン、ショッピングとアフタースキーも楽しめます。4日間のスキーを楽しみました。
12月30日〜1月3日
志賀高原

(お正月 スキー)
年末12月30日から、お正月スキー志賀高原も雪不足 奥志賀〜横手山と広大な 全ゲレンデを滑りました。雪不足のゲレンデ移動へのアクセスが悪く 度々の歩きがあり急斜面滑降としんどいスキーでした。正月恒例の志賀高原で幼子を連れて毎年過ごした志賀高原 横手山 山頂から眺める浅間山の噴煙 富士も変りなき絶景 懐かしさが老いを感じる高齢となり 今年が最後なのかしらと・・・

1月22日〜26日
キロロ スキー

2016年もキロロSKIを楽しむ事が出来ました。今期も小樽築港(グランドパークホテル)に4日間宿泊 例年通り シャトルバス利用で小樽の街 石狩湾の絶景を眺めながら雪山の山頂キロロスキー場へと通いました。 余市岳 1448mに広がる広大なゲレンデを満喫 スキー仲間がいて このスキーツアーも実現 仲間にありがとう。みんな元気でシニアースキー 続けたいね。
リンク奥美濃 スキー
2月8日 めいほうスキー
1日目 めいほうスキー
山頂から白銀の北アルプスを眺める。 この素晴しい絶景が見たくて 今期もやって来ました。 一番高く見える御岳は昨年から噴煙が昇る山となりました。御嶽の噴煙 を目の前にして看板にも煙が画き添えられました。 降雪量が少なく看板の杭が見えています。
此処での半日スキーを終えて再び郡上八幡ICへ戻り東海北陸道 高鷲IC 宿泊先のサンモリッへ 到着しました。
2月9日 鷲ヶ岳・ホワイトピア
昨年より1週間早く奥美濃スキー 豪雪地帯 東海北陸道周辺にも雪が少ない!!此所も雪不足。到着日から夜るから しんしんと降り続いた雪で朝 車の雪下ろし除雪車が通ってから、スキー場へへ出発 鷲ヶ岳・ホワイトピアでのスキーで一日を過ごして戻りました。宿泊には、近年は、各スキー場へのアウセスがいい高鷲IC近く サンモリッツです。此所の女将も次世代となりました。趣味のステンドグラスが年々多くなるリホームも、された懐かしいペンションで、お互いに加齢を話しながら・・・来期も滑りに来て下さいと・・・来れるといいですね。親しく食後のお喋りもしました。
2月11日  奥美濃 福井観光ツア アフターSKI
2月10・11日
高鷲スノーパーク・ダイナランド
10日 3日目スキー 高鷲スノーパーク・ダイナランドで滑る、ゲレンデから正面に 鷲ヶ岳・ホワイトピアスキー場  昨日滑ったコースも眺める、ひるがの高原 スキー場も見える。3日間のスキーを終え ペンションを後にしました。 帰りは, 白鳥ICから、中部縦貫道へ入り冬の九頭竜湖を眺めながら福井ICへ 周囲の白銀の山々を湖面に映す九頭竜湖その絶景を延々と眺めながら福井へ 10数年振りに眺める景色を満喫しました。
道の駅、越前大仏等を訪ねてから、福井ICから北陸道に入り敦賀ICで若狭舞鶴道へ 三方五湖 レインボーライン等も観光もしてから帰って来ました。
3月8日
奥神鍋スキー&万場スキー
奥神鍋&万場スキー
3月予定のラストスキー【蔵王】は、メンバーの肩打撲などでキャンセルとなった。
シニアースキーを楽しむmount  今期はこれで終わりかしらと・・・残念な2016シーズン
異常気象 記録的暖冬で一気に春の気配が濃い日 ビックリ 戻り寒波!!
突然の事にラストスキー 兵庫県但馬神鍋山スキーに行く事ができました。
3〜40年振りの神鍋山 兵庫県での競技大会も開催される変化に富んだ、広大なスキー場  その中 アップ神鍋は数日前にクローズされていました。癒しの温泉『ゆとろぎので温まってから帰りました。 
来シーズンも此処 神鍋ゲレンデへ滑りたい、交通アクセスもよく 県南岡山かれ2時間半で到着できる。

daisen ski

inserted by FC2 system